彼女たちは生きている。共に歩む、友として



プロフィール

銀結城

Author:銀結城
画像は我がユニット「RODEO GirlS」3人衆。
僕は一生アイドルマスターします。
リーダー雪歩・千早・伊織のトリオ「RODEO GirlS」プロデュース中。

メール・メッセ登録はこちらからご自由に。
shirogane-yuukiアットlive.jp(アットは各自入力で)
mixiも「銀結城」でやってますので、マイミク希望があればどうぞー。
ついったー:yuuki315



最近のコメント



来訪者数



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪歩
あー、ダメだね。長い間筆を取ってないと完全になまってしまう。

色々と時間かかってしまうが、まあ自己満足ですので。


今回は雪歩の話。
それと追加ですが、今回は1と2の設定が色々混合してしまっているので改めてご注意を。

↓からどうぞ。



「萩原雪歩君、如月千早君、水瀬伊織君のトリオ、か」
「ええ、それで行きます」
「なぜ、この3人を?」
「オレの勘です」
「勘、とは何だね?」

 社長は首をかしげ、訝しげな表情でオレを見る。

「勘は勘ですよ。この3人なら、思う存分アイドルの世界で暴れられると思っただけです」
「ふむ、分かった。君の好きにするといい。君の手腕に期待しているよ」
「ご理解感謝します。ところで、萩原は何処に?」
「それが、先ほど買い物を頼んだのだが、まだ帰ってきていなくてな。良かったら迎えに行ってもらえんかね」
「はい、じゃあ行ってきます」

「面白い子たちを、選びましたね。彼は」
「どの子もクセが強いからな。その勇気には感嘆するよ」
「でも、すごい自信でしたね。あの3人なら、思う存分暴れられる、なんて」
「はっはっは、あれくらいがちょうどいいだろう。今後が楽しみだ」



 さてと、確かここらへんで買い物していると聞いたが、どこだ?
「あうぅ、ここ通らないと事務所帰れないのに……。犬さん、どいてくれないかなぁ」
 ふと見ると、少女が1人、目の前の犬に立ちすくんでいる。
 どうやら、見たところあの少女が萩原雪歩のようだ。写真の髪型と一致している。
「そこの子、ちょっといいか?」
「はい? あ、あの、すみません。こんな道の真ん中にいたらダメ、ですよね」
「いや、そうじゃない。オレはお前を迎えに来たんだ。プロデューサーとして」
「プロデューサー……? それじゃ私、デビューする事になったんですか?」
「そうだ、ただ、お前1人じゃなくてトリオでのデビューとなる。それでも大丈夫か?」
「は、はい。よろしくお願いします」
「よし、それじゃあその犬は追い払っておくから、先に行って事務所の会議室で待っていてくれ。他の2人も呼んでくる」
「わ、分かりました」


―雪歩view

 私のデビューが、決まった。プロデューサーの言葉通りなら、私と他の2人を含めた、3人のユニットで、だけど。
 どうやら、私は輝くための道を進む事ができるらしい。それはもちろん喜んでいい事だ。
 でも、今は不安しかない。私が他のメンバーの足を引っ張ってしまうんじゃないかと、気が気じゃない。
 
 いったい、誰なんだろう。私と一緒に、これからを進んでいく人たちは。
 
 私は、その人たちと、一緒に踊れるのだろうか。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。